オーガニックコットンが作られた目的とは?

オーガニックコットンとは3年間も無農薬で有機肥料・益虫だけで育てなければいけません。
昔ながらの栽培方法ではありますが、正直なところ、生産性は悪いと言わざるを得ません。
では、なぜこのような形で生産をしていくのか?について、ここでは触れていきます。

■なぜ「手間暇をかけた」のか?

簡単に説明をすれば、やはり「安全性」を重視したからです。
オーガニックコットンの最大のコンセプトは、「きれいな地球を未来に託したい」というもの。
要は、環境汚染が進む地球は、ある意味で、今の子供たち、さらにはその先の子供たちに対して負の遺産となってしまう可能性が大きいです。
したがって、どこかで何かしらの歯止めをかけなければいけない。
という、考えの元、始まった活動といってもよいでしょう。

となれば、環境負荷が高いと言える、農薬や化学肥料などは負の遺産に拍車をかけることになるため、一刻も早く利用を中止すべきと繋がるわけですね。
結果、昔ながらの環境負荷が小さい手間暇かけた方法で栽培をするようになったのです。

■全ては環境のため・人のため

先のお話からも分かるように、とにかく地球環境のためとなり、その結果が、人のためになっていると繋がってります。
また、このような考えに賛同している著名な方々は多く、オーガニックコットンを使ったチャリティーTシャツも作成されているほど。
ちなみに、Organicallyでも、オーガニックコットン専門店を謳っているだけあり、オーガニックコットン100%の衣服を販売しています。